今更ながら提出不要の検査書類削減って

成績評定・創意工夫 comments(0) trackbacks(0) sewa
ケンプラッツに掲載された7/24の記事
「“4m”の工事書類を“1m”に削減、中部地整が簡素化」
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20150722/706829/

これ、いまさら?、5年前の記事かと目を疑った。
しかも、地方整備局がこんなことをまだやっていたとは驚きである。

提出義務のある書類の一覧は仕様書等に書かれているとおりであるため、本来受注者はそれに従えば良いだけである。

成績評定点に加味する書類と書かれているが、そんなのは検査概要書などの数ページで説明が済むはずである。

いやはや、朝から驚きの記事を読んでしまった。

港湾空港工事にて、下請業者にも工事成績評定(専門工事審査型総合評価方式)

成績評定・創意工夫 comments(5) trackbacks(0) sewa
国土交通省発注の港湾空港工事にて、下請業者(1次下請業者を対象)にも工事成績評定が始まるそうです。

そして、工事成績評定のデータ収集がある程度集まった段階で、「専門工事審査型総合評価方式」の入札に採用していくとのこと。
さっそく、2009年度は106件の工事にて、下請の工事成績評定を行うそうです。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM