Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

愚痴

会社の評価と違う

昨夜飲んでいるとき、ある現場代理人の話し。

若手でやり手と言われるA君をもらったが、やり手どころか、言われた最低限のことしかしないと、愚痴られた。

しきりに言っていたのは、会社の評価と実際がかけ離れていると。

しばらくの間、現場や上司に恵まれてたんだろうなぁっと
  • 2013.05.16 Thursday
  • 07:57

愚痴

日曜日の仕事はフロントローディング!?

平日の業務を余裕持ってやるには、日曜日の仕事量が勝負。
ここで、どれだけやっておくかが、余裕を生み、さらには良い仕事を行うことができる。
これも、ある意味のフロントローディング!?

良くないのはわかってるけどなぁ!
  • 2013.05.12 Sunday
  • 13:46

愚痴

若い頃、地元に敵なし

今日の飲み会

一人の方が、学生の頃、地元で喧嘩は負けたことがなかったらしい。

してみたい自慢だなぁ!っと
  • 2013.05.10 Friday
  • 20:43

愚痴

道路規制から作業員が飛び出してきやがった

昨晩の話
片側交互通行に規制している道路に遭遇。
しばらく待たされたあと、ガードマンから行って良いとの合図。
もともと道路が狭いせいか、通行できる幅はめいっぱいのため、歩行者に気をつけながら徐行して走る。

すると、なんと作業帯側から、突然、背中を向けた作業員が飛び出してきた。
しかも、2人も。
理由は移動するのに、作業帯の中を歩くことができないので、道路に出てきただけだった。

もちろん、驚いたのでクラクションを鳴らすと、あやまるどころか、にらみ返してきた。
おかしいだろ!、まけじとにらみ返してやったが、なにかおかしい。

謝るのは、ガードマンだけで、元請らしき人間はいない。

ねぇ、おかしくないですか!

元請の、「ノバック」さん!

さすがに電話してやろうかと思ったのですが、看板見えず。
見てみると、兵庫県の会社らしい

ノバック、ノバック、車検のノバック!、とは関係ないと思いますが。。。

  • 2012.08.04 Saturday
  • 11:21

愚痴

KY(空気読めない)所長

ある現場のある話。

支店から安全パトロールが来て、16時頃には終わったとのこと。

駅まで送っていきましょうかなんて話をしていたら、若いのと飲みに行きたいなぁって。

仕方がないので、若いのが帰ってくる18時まで話をしながら待っていました。

いよいよ若いのが帰ってきたら、所長が駅まで送っていきますから一杯行きますかって!

しかも、所長と2人で。

だったら最初から16時に2人で行けば良かったのに!
  • 2009.09.02 Wednesday
  • 19:41

愚痴

ある現場の所長の話 (3)

飲み会で、2次会に若者がつきあわない所長。

通常現場のメンバーで飲みに行くときは、盛り上がるものですが、
その現場では、苦痛なのだそうです。

その原因は、所長!

その結果、2次会まで一緒に飲むのはみんないやなのだそうです。

そこの所長、2次会に若者がついてこなくなったら、注意ですよ。

ちなみにうちの現場は、みんなで2次会に行きましたが、3次会まで行ったのは3人だけでした。
おかげで、現在は、二日酔い気味で眠い!
  • 2009.07.10 Friday
  • 10:25

愚痴

ある現場の所長の話 (2)

15,000円の請求書を値切る所長!

常に値切ることが大事と思っている所長さんは確かにいますが、リース会社からの15000円程度の請求書を毎月値切るのはいかがでしょうか?
しかも、自分で値切るのではなく、若いのを使って

若いのは機転が利くので、値切り分を最初の請求に上乗せさせ、所長の目の前でその分値切っているそうです。

それで納得している所長、若者に余計な仕事を増やさないでください!


もちろん、その若者にとって、得るものはゼロではないかもしれませんが、同じ時間を使ってもっと良いものを得らせることは可能です。
  • 2009.06.29 Monday
  • 12:22

愚痴

ある現場の所長の話 (1)

新シリーズを書いてみることにしました。
みんなから様々な話を聞くので、シリーズ化して残すことにしました。

1次下請の職長が来ていないときに、ちょうど2次下請業者が新しくもう1社増えたときの話。

今まで来ていた2次下請業者の職長に向かって、
「おたくの下請なんだから命令系統や管理をしっかりしてくれよって」。

近くにいた職員から、「いやこちらは同じ2次下請なので、言う相手が違いますよ」って。

そしたら、なんとその所長は、「じゃあ、1次下請の職長にしっかり言え!そんなことまで俺がしなければいけないのか〜!」って。

所長、それは話がすり替わってない!?

自分の間違えを認めずに、論点を変える方は私の周りでも多いかも?

間違えは素直に間違えたと言いましょう!うそがうそを呼びますからね!
  • 2009.06.23 Tuesday
  • 19:14

愚痴

最近の若いやつ!

昔から必ず言われるのが、「最近の若いやつは・・・」、そして「新人類」(ちょっと古いかな?)

うちの現場にも、20代が2人、1日中現場でがんばっている。

しかし、若いから空回りもするし、遠回りもしている。
それはそれでよい経験になると私は思っているが、最近人間関係に少し悩んでいるようだ。

やはり、年上の人たちをどのように動かすか!
私からのアドバイスは、建設業界は人を動かさなければ仕事にならないので、気持ちよく仕事をしてもらいように雰囲気を作ることが大事だと教えたが、もちろんそんな簡単にいくわけはない。
そして、どうしても仕事を自分で増やしてしまい、夜遅くまで仕事になり、疲れて・・・、と悪循環になっている。

私は自宅で先ほどまで仕事をしていたが、2人はまだ事務所で仕事をしていることでしょう。
悩むことは大事なことではあるが、最近の若い人たちは、どうも悩みすぎてしまうような気がする(もちろん私の周りだけかもしれないが?)。
協力業者の若者たちもがんばっている。が、たまにそうなってしまう。

しかし、私からしてみれば、もっと視野を広くして、現場の端から端まで、そして安全や施工体制などの書類も含めて勉強してほしいが、無理らしい。あまり言い過ぎて落ち込まれても困るし。

ゼネコンの現場監督って、お金を払っているのに頭を下げながら仕事をお願いし、みんなの安全を気にしながら設備を作ってあげ、近隣のみなさんに迷惑にならないよう仕事をし、現場が終わってから内業を夜遅くまでし、そして、それほど抜群な給料はもらっていない。
因果な商売だと思う(笑)

もちろん私は悩んでいないが、2人が壊れずに育ってほしいと願っている(私も努力している)。

久々に愚痴ってしまったが、私も自社以外を知らなかったらどうなっていただろうか?
リアルでも自社以外を知り、そしてブログに群がり、さらに自社以外の方々と交流し、様々な考えを持つことができるようになった。社外団体への参加が、私の人生において、大きな転換だったのかもしれない。

  • 2009.04.18 Saturday
  • 00:03

愚痴

晴れない・・・

2回目の中間検査が間近、土日も作業を続けているのに天気がさえない!
今日も日曜日なのに30人ほどの作業員とともにがんばったが、冷たい雨に阻まれ予定まで進まず。

この時期の長雨はかなり厳しい上に、今週は雪マークまで・・・。
このままでは、検査までに間に合わない可能性があるため、晴れてほしいものです。

年度末の長雨に、あちこちの現場で嘆いているのではないでしょうか?
  • 2009.03.01 Sunday
  • 23:46